• E-EXAM
  • サポナビ
  • 入試解答速報

教室一覧

全教研の教室

ZENKYOKEN 門司教室

〒800-0025  北九州市門司区柳町2-1-28 2F  
093-382-1313
093-381-8837
moji@zenkyoken.gr.jp

昨年12月にオープンしたばかりの新校舎です。

2学期中間テスト対策 無料!

主要5科目 
効率的徹底演習 教科書準拠の徹底→弱点克服!
対策プリントによる演習量→自信と対応力!

日時 9月28日(土) 9:00~12:20
   10月5日(土) 9:00~12:20

午後は自習室利用が可能です。各学校の日程に合わせて参加日をお選びください。
  ★友だちを誘って、ともに高得点を目指そう!!★

場所 全教研門司教室
指導内容 過去問に基づいた演習。各中学校の範囲に対応した対策プリントも準備しています。
持参物 テスト範囲表・学校使用教材
    塾で使用しているワーク


   お申込み・詳細についてのお問い合わせは
   全教研門司教室まで
   Tel(093)-382-1313 Fax(093)-381-8837
          北九州市門司区柳町2-1-28 2F

⇒⇒⇒⇒⇒ 通常講座体験授業受付中です

下記の講座から、ご検討の講座がございましたら一度授業を体験されてみてください。お電話にて受け付けております。
(注意1)授業当日の受付は行っておりません。前日までにお電話にてご予約ください。
(注意2)月に一度実施するテスト日には体験授業の参加はお断りしております。
(注意3)中学生の英語・数学では習熟度によるクラス分けをしておりますので、学校の成績状況を
    確認させていただいております。
(注意4)夏期講習・冬期講習・春期講習での体験授業はおこなっておりません。
    通常授業のみの体験となります。


⇒⇒⇒⇒⇒ 門司教室講座のラインナップ(小学部)
小学生では教育改革に対応した講座が充実!学力だけでなく自ら考える子どもを育てます!

国私立中入試をお考えの方、門司学園中学受検をお考えの方、中学受験はしないけれど高校受験のための土台をつくっておきたい方。門司教室では充実した講座を用意しております。

●中学受験を目指すなら⇒小3~小6中学受験クラス
→有名私立中に向けて常に地域NO1の合格実績をあげています。
●門司学園中を目指すなら⇒小6門司学園中対策講座
→高い合格実績を上げています。(今年度門司教室では合格率85%以上40名合格!)
我々には過去の経験から得られたノウハウがあります。門司学園中を目指すなら是非!
毎年2学期以降には定員に達する講座です。
特に作文など記述が苦手な生徒さんはなるべく早くから対策を始めておくことをお勧めします。
●中学受験はしないが、将来的な高校受験のために⇒小1~小6ステップクラス・小5,小6公立進学クラス
→公立高校上位高合格に向けて早くから学習の習慣をつけることが肝心です。特に近年は英語が注目されている歪みや、コミュニケーション量の不足から、国語力の低下がみられます。国語の問題に多く触れておくことは必ず先々の役に立ちます。
●才能開発(算数分野)→(大人気)図形の極・パズル道場
→「図形の極」は算数の図形分野に徹底的に挑みます!中学校に入って多くの生徒が苦しむ数学の図形分野もこれで大丈夫!入試頻出の図形問題を進級しながら数多く解きます。アニメーションを見ながら問題の解説を受けることで、「仮説思考力」と「イメージング力」を養います!
「パズル道場」は究極の算数思考力養成講座です。問題解決のためにあらゆる角度から挑戦する力を養います。小1~小6まで進級式の教材で実施しています。
●才能開発(国語分野)→読む蔵・読む蔵Jr
→文章読解力をトレーニング!
「読む蔵Jr.(小学校低学年対象)」
学習の基礎能力である「ワーキングメモリー」を鍛えると共に、速読トレーニングで文章を読む力を鍛えます。
「読む蔵(小学校高学年以上対象)」
受験によく使われる作家の文章を使い「語彙力」「読解力」を鍛え、さらに速読トレーニングで読書速度もUPできます。国語力をつけるために最適な学習コンテンツです。

セット受講で効果絶大
読む蔵(通常6,000円)+パズル(通常6,000円) 才能開発セット割受講料月額9,000円(税抜)

国語も算数もテストで点数はとれていたのに、学年が上がると少しずつ苦手になった・・・そんな話を聞いたことはありませんか。
全教研では国語力の元となる力を鍛える「読む蔵Jr.」と算数に必要なセンスや思考力を育てる「パズル道場」の2大才能開発講座のセット受講をおすすめします。
なかなか家では学習しにくい力を効率良く身につけることができます。
興味のある方はお近くの教室で是非一度体験されてください。

数・図形・思考力算数講座 パズル道場
遊びながら脳を鍛え、才能を伸ばす理想的な算数講座。


パズル道場は、感覚や思考力といった「見えない学力」を向上させ、子ども達に必要な「将来伸びる力」を身につけさせます。
算数のセンス育成に不可欠な「空間把握能力育成」のためのプログラムを合体させた。頭脳トレーニングです。

⇒⇒⇒⇒⇒ 門司教室講座のラインナップ(中学部)
定期テストで点数をとるための指導+入試に向けての指導

定期テストでは基礎・基本がきちんと理解できているかを問います。すなわち、用語の意味やその使い方なども聞かれます。入試や実力テストではそれら基礎・基本を使った応用問題なども出題されます。下記教室長メッセージにも書いていますが、基礎・基本なくして応用なし!これはどの世界にも言えることです。よって門司教室では定期考査を決してないがしろにしません。充実の教材を準備し、各定期考査前には定期考査対策で生徒をサポートします。また、実力を付けてもらうために、中学生は月に一度の公開学力テストを受験します。このように、基礎的な内容の理解だけでなく、入試を意識しての指導を早い時期から行っております。

●中3高校受験特訓(5教科)
→中1、中2とは異なり、定期テストで点をとることと同時に、高校受験に必要な学力をつける必要があります。よって、カリキュラムは中1、中2以上に学校よりも早く進めます。具体的には10月末までに中3のカリキュラムを終了させ、以後は入試対策が中心となります。(今年度門司教室では小倉高校合格者10名)

「(Topics) 特にトップ高を目指すクラスでは、数学の中3カリキュラムを9月中に全て終了させます」
公立高校入試や受験者数が多い九国大付属高校では、毎年のように平面図形・空間図形の総合問題が出題されますが、受験者正解率は毎年のように低い!その理由はいくつかあります。


1.中学数学のカリキュラムで空間図形は、中1の最後の方と中3の最後の方にある単元であり、中2で学習することはない。だからほとんどの受験者は図形問題に慣れていない。しかも、中2の図形はほぼ証明の記述問題なので、求積等の計算問題はほとんどない。(ちなみに関数は中1~中3で毎年勉強するので、比較的正解率は高い)

2.三平方の定理を含めた図形の総合問題をやり込む時間が少ない。そもそも三平方の定理は中3の最後に近い単元、だが、三平方の定理を使う実践問題は毎年出題される!だから受験生は三平方の定理を使った問題演習が少なすぎる状態で入試に挑んでいる。
つまり、11月とか12月に中3のカリキュラム終わるようでは、1月末から2月初にある私立高校入試に間に合うことは難しく、公立高校入試にも同様のことが言える、ということです。

3.そもそも図形問題自体が苦手と思い込んでいる受験生が多い(私から言わせれば解いてないだけ!それを苦手という都合のいい言葉で置き換えている)
筆者も学生時代図形の問題が得意とは言えませんでしたが、今では苦にしていません。おそらく膨大な問題量を解いているからだと思います。ということは、受験生もある程度の問題は演習量でカバーできる、と信じています。

これで、中3のカリキュラムを早く終わらせなければいけない理由をおわかり頂けると思います。特にお子様がトップ高を目指す場合は、お早目の通塾をご検討ください。確かに今は現在通っている講座生は先のカリキュラム進んでいますが、全教研には「サポナビ」という映像授業を完備しています。門司教室ではこの「サポナビ」を使い、現在の講座生に追いつくためのプログラムを組みサポートしています。
(これについて追加料金を徴収することはありません)

●中1/中2高校受験特訓(5教科)
→高校受験に必要な学力を無理のないカリキュラムで確実に身につけていくコースです。
(毎週水・金・土:19:00~21:30)
●中1/中2高校受験特訓(3教科)
→全ての教科に通じる国語の学力、および遅れてしまうと取り戻すのがかなり大変となる数学・英語を集中的に学習していきます。(中1:毎週水・金(19:00~21:30)、中2:毎週水・金・土(19:45~21:30))
●中1/中2高校受験特訓(2教科)
→重要教科である数学・英語を集中的に学習し、学力アップを目指します。基礎的事項の完全理解を目指し、英語・数学が得意科目となることを目指します。(毎週水・金:19:40~21:30)

※中1/中2 英語・数学は習熟度に応じてクラス分け
毎月実施する「公開学力テスト」や学校の成績を踏まえて英・数それぞれでクラス編成を行っております。

※全コース門司学園中にも対応
門司学園中のカリキュラムは他の公立中学校に比べて若干速いですが、門司教室の講座も学校より先を行いますので、門司学園中の皆さんも多数受講いただいております。